報徳二宮神社「きんじろうカフェ」&「cafe小田原柑橘倶楽部」へ行ってきました。

金次郎カフェ グルメ

小田原城内の、報徳二宮神社の境内にある2つのカフェ。

「きんじろうカフェ」と「cafe小田原柑橘クラブ」。

2015年の11月20日にオープンしてから、ずっと気になっていて、

やっと伺うことが出来ました。

 

境内でひときわ目を引くオシャレな建物。

メニューや店内など、きんじろうカフェの訪問記です。

「きんじろうカフェ」と「cafe小田原柑橘倶楽部」の外観

店舗に続く小道を進むと、2つの店舗が並んでいます。

DSC01852

 

手前側が「きんじろうカフェ」と奥側が「cafe小田原柑橘倶楽部」。

IMG_4806

ホワイトの壁面と木目が基調になっている、和モダンな建物。

 

外にはベンチとテーブルが並んでいて、

「きんじろうカフェ」「cafe小田原柑橘倶楽部」共有のオープンカフェとなっています。

DSC06424 

 

入り口から入って右側にも、イートインスペースがあります。

DSC01854

 

「きんじろうカフェ」と「cafe小田原柑橘倶楽部」の内観

入口正面向かって右側にある「きんじろうカフェ」の店内。

IMG_4805

名前の通り、店内には小田原で有名な「二宮金次郎」に由来した、

グッズなどが取り揃えてあります。

 

店内中央の目立つ場所に、さすが神社の境内。

きんじろうデザインの、御朱印帳が販売されていました。

その隣に置いてあるのは、ヒノキ玉という玉。

二宮金次郎の模様入りです。

IMG_4815

 

店内奥の棚には、二宮金次郎デザインのスマートフォンスタンドや、

メモ帳やクリアファイルといった文具。

御利益がありそうな「福」と書いてある、飴などがありました。

IMG_4814

二宮金次郎が薪の代わりに、スマートフォンを背負っちゃう感じ。

すごく現代的でギャップが可愛い・・・欲しいです。

 

向かって左側にある「cafe小田原柑橘倶楽部」の店内。

報徳二宮神社が発起人として、地域活性化のため、

企業や農家と共に活動している「小田原柑橘倶楽部」が運営する初のカフェ。

柑橘倶楽部というだけあり、柑橘系の商品がたくさん置いてあります。

IMG_4804

 

柑橘系の商品の他にも、地元で採れた野菜などの販売もしていました。

IMG_4803

 

「きんじろうカフェ」と「cafe小田原柑橘クラブ」それぞれのメニュー

2店舗並んで運営しているカフェ。

それぞれ、美味しそうなメニューが揃っています。

DSC06413

 

「きんじろうカフェ」のメニュー

「きんじろうカフェ」メニュー

  • カフェアメリカーノ・・・400円
  • アイスコーヒー・・・400円
  • cafeカプチーノ(カプチーノ)・・・550円
  • cafeカプチーノ(ジンジャーカプチーノ)・・・600円
  • 自分で作るお団子付き!クリームしるこ・・・550円
  • 呉汁・・・550円
  • 呉汁セット・・・850円
  • きなぽん・・・400円
  • 小田原名物 伊勢屋のだいふくセット(日本茶)・・・400円
  • 小田原名物 伊勢屋のだいふくセット(カフェアメリカーノ)・・・600円
  • 小田原おでん・・・700円
  • 箱根七湯ビール・・・650円
  • 国産スパークリングワイン 嘉(720ml)・・・4500円
  • 国産スパークリングワイン 嘉(200ml)・・・1300円

※金額はすべて税別

 

イタリア・チンバリ社制のマシンでいれた、コーヒーメニューを中心に、

軽食などが販売されています。

IMG_4817

 

 

cafeカプチーノには、二宮金次郎のアートが施されていました。

これはこれは素晴らしい・・・インスタ映えしますね。

IMG_4809

 

メニューにある「呉汁(ごじる)」とは、

江戸時代に、二宮金次郎が食していたとされる食べ物を再現。

お味噌汁の様な、汁物となっています。

 

その他にも、小田原で有名な「伊勢屋のだいふく」や「きなぽん」という、

もちもち食感が楽しめるスイーツなどがあります。

 

メニュー中にある「自分で焼けるお団子付き!クリームしるこ」のお団子を焼く場所は、

オープンカフェスペースにあります。

IMG_4816

楽しめるメニューが有るのはイイですね。自分で焼いたお団子は格別です。

 

「cafe小田原柑橘倶楽部」のメニュー

「cafe小田原柑橘倶楽部」のメニュー

  • ホット!片浦レモン・・・500円
  • ホットするみかん!・・・500円
  • SUN!SUN!ホットワイン!・・・500円
  • 地域復興サイダー(片浦レモン・小田原みかん・小田原梅の3種類)・・・各350円
  • フローズンスクイーズ(片浦レモン・みかんの2種類)・・・各600円
  • 小田原梅酒サイダー・・・600円
  • 青島みかんの和ミモザ・・・1200円
  • フレッシュフルーツジュース・・・450円
  • ブラウンシチュー・・・600円
  • BROWN STWE SET! BENTO STYLE・・・1200円
  • ふわふわシフォン♪・・・450円
  • 季節のジェラート(常時8種類)・・・各380円

※金額はすべて税別

 

地域復興サイダーや、小田原みかん、片浦レモンといった、

小田原にちなんだ食材を使った、メニューが並んでいます。

IMG_4802

小田原オリジナル商品なので、ボトルも可愛い。

 

IMG_4813

季節のジェラートは常時8種類。春夏秋冬変わります。

IMG_4812

「季節のジェラート」の種類(私が訪れた時)

  • イタリアンバニラ
  • ほうじ茶
  • 紫芋
  • たんかん
  • 片浦レモン
  • 苺(とちおとめ)
  • お塩

 

「きんじろうカフェ」と「cafe小田原柑橘倶楽部」営業時間とアクセス方法。

報徳二宮神社境内にあるカフェ、

「きんじろうカフェ」と「cafe小田原柑橘倶楽部」は、

小田原駅東口から、徒歩約15分ほど。

 

車の場合、報徳二宮神社に併設されている駐車場の利用ができます。

※混雑時、満車時は近隣パーキングの利用となります。

  • 営業時間:11時~16時30分
  • 定休日:不定休
  • 駐車料金:1,500円以上ご利用で90分無料 それ以降一律600円

 

「きんじろうカフェ」と「cafe小田原柑橘クラブ」を利用した感想。

私は今回、子供達と一緒に利用させていただきました。

その時、実際に頼んだメニューです。

 

「きんじろうカフェ」

cafeカプチーノ・・・550円+税(594円)

「cafe小田原柑橘倶楽部」

ジェラートのイタリアンバニラ・・・380円×2=760円+税(820円)

 

2店舗の合計1414円でした。

IMG_4808編集

会計する場所は別ですが、カフェ内で食べる場所は自由。

会計後に好きなテーブルへ、セルフで持って行きます。

 

カプチーノは、手が込んだデザインでしたし、

ジェラートも、濃厚だけどサッパリで、非常に美味しかった。

金額はその辺のカフェよりも若干高いですが、

店内の景観、内装も美しく、

観光地の料金と考えれば金額は高からず、妥当なのかなと。

 

オープンカフェで、室内の様な窮屈感が無く、

子供が一緒でも多少のおしゃべり、大人しくしていなきゃ、

という感じが無かったので、開放的。

子供と一緒でも過ごしやすい空間でした。

 

神社の境内という事もあり、緑が多く、

人混みで、ごちゃごちゃもしていません。

DSC06414

澄んだ空気で、落ち着いた雰囲気のオシャレカフェ。

参拝後に、また利用したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました