小田原市栢山のそば屋「蕎麦 月読(つきよみ)」レビュー

蕎麦月読レビュー グルメ

栢山に有る「月読(つきよみ)」は、

食べログで、そばの百名店(2018、2019)にも選出されているお店。

ウナギの百名店には、風祭の「友栄」も選出されています。

小田原市風祭の鰻屋「うなぎ亭 友栄(ともえい)」レビュー 

 

老舗ではなく、こだわる若い主人の有名店。

テレビでも紹介されていたりと、

以前から気になっていたので、行って参りました。

蕎麦 月読の場所

小田原市栢山に有るので、

小田原の中心地からはちょっと離れた場所に有り、アクセスも悪いです。

小田原駅から、車で約15分ほどの距離。

IMG_2011

月読の基本情報

  • 住所:〒250-0852 神奈川県小田原市栢山2222-3
  • 営業時間:午前11:30~14:3017:30~20:00
  • 定休日:毎週月曜日
  • 決済方法:現金のみ ※クレジットカード不可能

 

最寄りの駅は、小田急小田原線栢山駅。

駅からも約800mの距離が有り、徒歩10分ほどかかります。

蕎麦 月読の外観&駐車場

外観は、古民家というよりは、キレイな一軒家。

看板も蕎麦屋というよりは、中華っぽい雰囲気。

IMG_2113

駐車場は、店の前に6台ほど。

IMG_2107

入り口。新そば打ちはじめましたってよ。

IMG_2105

乳児、未就学児はお断りの看板も有ります。

IMG_2018

蕎麦 月読の内観

店内

店内は、和モダンの雰囲気。

入ってすぐに、テーブル席が4テーブル10席、

IMG_2104

右側奥には、小上がりもあり。

IMG_2096 (1)

IMG_2101 (1)

座敷が4テーブル14席ほど。

IMG_2041 (1)

IMG_2100

IMG_2021 (1)

テーブル

席に付くとお茶のサービス。

IMG_2019

メニュー、つまようじ、七味唐辛子が置いて有ります。

IMG_2024 (1)

IMG_2025 (1)

トイレ&洗面所

トイレと洗面所は、レジ横に有ります。

トイレは1つのみ。洗面所とトイレで別れています。

IMG_2094 (1)

トイレはウォシュレット付き。綺麗です。

IMG_2091 (1)

蕎麦 月読のメニュー

月読では蕎麦メニューがメインであり、

ご飯を使った、丼ものメニューは有りません。

IMG_2044

冷たい蕎麦メニュー

  • せいろ:728円+税
  • ごまだれ:878円+税
  • とろろ:1,119円+税
  • 鴨せいろ:1,546円+税
  • 天せいろ:1,546円+税
  • 納豆(ぶっかけ):1,000円+税
  • 辛味おろし(ぶっかけ):1,000円+税

IMG_2029 (1)

IMG_2030 (1)

IMG_2031 (1)

温かい蕎麦メニュー

  • かけ:728円+税
  • 山かけ:1,119円+税
  • きざみきつね:1,055円+税
  • 鴨なん:1,546円+税
  • 天ぷらそば:1,546円+税

蕎麦メニューは、いずれも大盛りが200円+税

追加せいろ491円+税

IMG_2032 (1)

IMG_2033 (1)

一品料理メニュー

  • わさび茎醤油漬け:337円+税
  • 鴨の特製ソーセージ:728円+税
  • 玉子焼き:710円+税 ※土日祝の昼以外
  • 天ぷら盛り:1,073円+税
  • そばがき:1,046円+税 ※平日3食限定

IMG_2034 (1)

IMG_2036 (1)

ドリンクメニュー。

IMG_2037 (1)

アルコールメニューも豊富。昼飲みも可能です。

IMG_2038 (1)

日本酒銘柄も揃ってます。

IMG_2040 (1)

IMG_2039 (1)

季節で変わるメニューも有るんだな。

IMG_2026 (1)

蕎麦レビュー

そばがき

旨い蕎麦屋には、そばがき(かいもち)が有る。

平日3食限定のそばがき1,150円(税込)

せっかくなので頂きました。

 

時間がかかるとのことでしたが、

他にお客さんも居なかったのか、割と早く提供されました。

大きな「そばがき」がゴロっと一個。

IMG_2048

そば粉と熱湯だけで作ったとは思えない粘度。

IMG_2051

伝わるかな、このモッチリ感。ホント餅みたい。

IMG_2057

蕎麦の香りも凄いですが、食感も面白い。

IMG_2058

噛めば噛むほどに蕎麦の香り。

蕎麦好きにもたまらないと思われます。

天せいろ

定番の天せいろの大盛り、1700円+220円(税込)

IMG_2063

蕎麦つゆは濃い目。

IMG_2070

軽く付けて食べる程度で、

十割蕎麦ということで、蕎麦の香りも凄い強い。

IMG_2073

十割蕎麦なのに、モッチリとしたコシが有り、

ツルツルっとして喉越しも良い。不思議。

薬味は、ネギとわさび。

ワサビもこだわってるのかな。なかなか効いてます。

IMG_2076

天ぷらは、車海老と季節のお野菜。

IMG_2067

車海老なので大きさにインパクトは無いけど、

プッリプリで衣もサックサク。

IMG_2078

揚げ油は、太白ごま油。ごま油なのに意外とアッサリ。

舞茸も、しっかりキノコの香りを感じました。

IMG_2080 (1)

そばつゆと天つゆが、別になっているのも地味に嬉しい。

IMG_2071

間違えて、天つゆで蕎麦食っちゃったりするんですけどね。

鴨せいろ

そば屋で頼みたくなるのが、鴨せいろ1,700円(税込)

これ当たりでした。

IMG_2061

鴨つゆの鴨肉ってオマケみたいなところが多いんですけど、

ここの鴨はスゲー旨かったです。

厚くて柔らかい鴨がゴロゴロと。焼いた鴨の香りも良い。

IMG_2068

つくねやネギもたっぷりはいってます。

IMG_2074

冷たい蕎麦を温かい汁に浸けて食べる。

この感じもなんともいえないですね。

蕎麦湯

締めに出てくるのが、蕎麦湯。

ここの蕎麦湯は凄い濃厚。

IMG_2082

蕎麦猪口に注ぐとトッロトロ。

IMG_2084

蕎麦つゆを入れたり、鴨汁を入れたり・・・

うっかり飲み干す旨さ。蕎麦スープですね。

普通盛りと大盛りの違い

ここの蕎麦は、蕎麦の量が少ないです。

これが通常の蕎麦の量。頑張れば一口で喰えます。

IMG_2065

大盛り(+220円)でこれくらい。

IMG_2066

大盛りで、他店の普通盛りくらいといった印象。

大盛りでもちょっと物足りない量でした。

十割蕎麦なんで仕方ないのかなぁ・・・

 

たくさん蕎麦を楽しみたいひとは、

大盛り220円(税込)と追加せいろ540円(税込)は、欠かせない。

となると、まぁまぁの出費も避けられません。

蕎麦 月読の感想

正直、私は二八蕎麦の方が好きなのですが、

この店で十割蕎麦の概念が変わりました。

十割で、あんなコシの有る蕎麦ができるんだなと。

そばの香りもやっぱり違いました。

IMG_2085

小田原、箱根周辺には、蕎麦の名店も多いですが、

十割蕎麦が食べられる店も無いですからね。

 

難点は、子供お断りということと、時間がかかるということ。

こだわりが強そうな感じは伝わるので、その辺も許容できれば。

IMG_2028 (1)

あと蕎麦の量が少なく、値段がちょっと高い。

ガッツリ食べるという感じの店でも無い。

立地も悪いのに・・・観光地並みの価格。

地域密着、地元民のお店という感じでも無いです。

IMG_2090

あくまで蕎麦なんで・・・蕎麦好きの為の高級そば屋。

あの鴨そばは、また食べたいけども、

ちょっと頑張らないと行けないね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました