神奈川県山北町「河内川ふれあいビレッジオートキャンプ場」でデイキャンプ。

河内川ふれあいビレッジ 観光スポット

神奈川県の山北町は、自然も多く、キャンプ場も豊富にあります。

中でも河内川ふれあいビレッジオートキャンプ場は、

丹沢湖にも近く、都内からのアクセスも良いという事で、

県外からの訪れる利用者も多いです。

DSC09747

小田原からも近く、私のパパ友からの評判も良かったので、

早速行ってまいりました。

河内川ふれあいビレッジの料金体系と利用可能時間。

河内川ふれあいビレッジには、キャンプ利用とデイキャンプ利用で、

利用時間と利用料金が異なり異なります。

 

定休日(休業日)

  • 水曜日7・8月は無休

利用可能時間

  • オートキャンプ:13:00~11:00
  • DAYキャンプ:9:00~16:00

オートキャンプ利用料金

  • 芝サイト:1区画4000円
  • 小砂利サイト:1区画3000円 ※閉鎖予定

デイキャンプ利用料金

  • 大人:1人500円
  • 子供(小・中学生):1人250円未就学児は無料
  • 駐車スペース:1日1台1000円

 

オートキャンプとデイキャンプで利用料金が異なりますが、

利用できる場所も違います。

デイキャンプの場合は、BBQエリア(デイキャンプエリア)となり、

基本的に、テーブル、イス、U字溝付きのバーベキューエリアとなります。

 

バーベキューエリアを利用する場合、

車は駐車場に停める必要があるので、駐車料金が発生します。

サイト利用の場合、サイト内に車を停める事も可能です。

とはいえ、テントやコンロ設置を考えると、1区画1台が限界かと。

 

例えば、大人4名、子供4名の2つの家族でデイキャンプ(BBQ)する場合、

大人2000円(500円×4)+子供1000円(250円×4

+駐車場2000円(1000円×2台)=合計5000円となります。

保育園生や幼稚園生の未就学児は無料なのは、地味に有り難い。

 

BBQエリアは屋根付きと屋根なし。テントやタープも張れる。

バーベキューエリアは、

ビレッジ入口入ってすぐ、管理棟の目の前辺りに並んでいます。

DSC09716 (2)

屋根付きが4テーブル。

DSC09758

屋根なしが20テーブル。屋根が無いけど、川が近い。パラソル設置も可能みたい。

 

DSC09755

夏は暑いので・・・屋根が有る方が人気っぽ。

 

空いてるスペースには、日よけテントやタープを張る事も可能です。

ただ、スペース的に可能となるのは、デイキャンプのD-15番~D-17番あたり。

目の前が開けているので、ヘキサタープも張れるくらいのスペースも有ります。

DSC09886

基本的にはスペースが有れば、テントは張っても良いということなので・・・

屋根付きエリアの端(Dテーブル)に、テントをくっつけてる家族もいました。

もちろん常識の範囲内での設置という事なので、不安なら管理人に確認してからが無難です。

 

バーベキューエリアは、U字溝のコンロも付いているので、

網か鉄板さえあれば、バーベキューは可能となります。

U字の上にBBQコンロを置いて、使っている人もいましたけど。

 

鉄板や網のレンタル、炭の販売もしているので、

食材だけ持ち込みの、手ぶらバーベキューも可能となります。

管理棟では、氷やアイスクリームも売ってました。

 

レンタル料金

  • 鉄板:500円
  • 網・包丁:200円
  • パラソル:500円
  • タープ:700円
  • 毛布:100円

販売品

  • 薪:500円
  • 炭:700円
  • 着火剤:200円
  • ガスボンベ:200円
  • 油:250円
  • 缶ビール:250円
  • AC電源(一泊):500円

 

デイキャンプでも芝サイトが利用可能。芝サイト利用料金。

デイキャンプでも、芝サイトは利用可能となってます。

ただ、基本的にはオートキャンプ利用者(宿泊者)向けなので、

前日からの泊まりがいっぱいだと、利用不可のケースが多いです。

 

あくまで空いてる場合に使えるので。

デイキャンプ利用開始時(9時~10時頃)に空いていれば、

使わせて頂ける感じになるかと思います。

 

私は、とりあえずデイキャンプ場を予約しておいて、

当日に空いていれば芝サイトを利用させて頂く、という感じでお願いしました。

 

芝サイトの利用料金は、デイキャンプ料金+1000円といった感じ。

IMG_3907

2家族で1区画利用で合計5750円(大人4名、子供2名、車2台)。

車はサイトに停めず、駐車場2台に停めました。

 

芝サイトの広さは8m×8m。木や石が有る場合も。

車は駐車場に停める事も可能ですが、

芝サイト利用するなら、サイト内に停めるのが一般的になるかと。

 

DSC09887

敷地奥側の芝サイトへは、

管理棟裏側の通路より、車で入って行けます。

DSC09776

緑の矢印に沿って進んで行くと、車が渡れる橋も出てきます。

DSC09892 (2)

川を渡った先にも、芝サイト。

DSC09889

1番~43番の芝サイトは橋の向こう側。44番~55番が駐車場側となります。

DSC09883 (2)

特に、52番~55番の芝サイトは、目の前が駐車場なので、

サイト内に車を入れずとも荷物の出し入れがラクなので、

サイトを広く使いたい場合は、駐車場を利用するのも悪くないです。

IMG_3880

今回、私も53番を利用させて頂き、車は駐車場へ停めました。

DSC09718

ヘキサタープを設置して、横に簡易テントを設置しても、スペースは半分くらい。

DSC09799

皆さん、車入れて、テントにヘキサ設置して、

バーベキューエリアも造ってたりするので、広さは十分。

デイキャンプで2家族は、余裕を持って楽しめました。

 

サイトはフリーサイトでは無く、

8m×8mに区切られてますが、サイトによっては大きな石や、

木が生えている場所もあるので、使える広さはマチマチです。

DSC09723 (2)

 

子供は川遊びし放題。つかみ取りも釣りも可能。

ビレッジは河内川に併設されているので、天然の川で遊ぶ事も可能。

川へも降りる通路が有り、鮎釣りも可能という話。

DSC09831

川を挟んだ向かい側には「道の駅 山北」が見えます。

野菜とかも売ってるので、食材補充にも活用できそう。

DSC09830

小さい子供の水遊びは、ビレッジ内の整備された小川で。

DSC09772

浅いので流される心配も無いし、溺れる心配も無く安心。

DSC09761

小川ではマスのつかみ取りも可能で、1匹250円で楽しめます。

 

設備は十分。水洗い場にゴミ捨て場、トイレとシャワーも綺麗。

河内川ふれあいビレッジで驚いたのが、施設の綺麗さ。

DSC09757

洗い場には、洗剤もスポンジも置いてありました。

IMG_3874-2

調理場、食事処も広々と使えます。

IMG_3871

キャンプ場で重要なトイレ&シャワールーム。

DSC09896

トイレも清潔、洋式トイレも有ります。

DSC09759

シャワールームも綺麗だったので、宿泊利用する場合にも快適に使えそう。

温水コインシャワーで3分100円24時間利用可能

 

管理棟の裏手には、喫煙スペースなんかも有りました。

DSC09749

 

また、料金支払い時に、ゴミ袋も貰えゴミも捨てて帰れます。

DSC09882

可燃ごみは袋ごと、右側のシートのかかった方へ。

燃えるゴミ以外は、分別して、直接捨てられます。

DSC09750 (2)

鉄板、金網を洗う場所も有るし、灰を捨てる場所も有りました。

IMG_3861

 

珍しい設備としては、ピザ窯が有り、

500円でピザ5枚まで利用できます。

 

DSC09715

流しそうめんまで楽しめます。こちらも500円

IMG_3863

 

河内川ふれあいビレッジまでのアクセス。

東名、大井松田インターから約30分、御殿場ICからも約30分

距離にして約15kmなので、都心からのアクセスも良いキャンプ場。

※電車で来る場合は、新松田駅からバスで約30分となります。

 

山北町なので、自然もいっぱいなんだけど、

特別細い道を通るという事も無く、キャンプ場付近の道路も舗装されてます。

DSC09701

最後に大きな橋を渡れば、河内川ふれあいビレッジの看板が出てきます。

DSC09704

都心からのアクセスも良く、山道に慣れてない人にもオススメ。

駐車場には、県外からの車も多く泊まっていたのも納得。

特に夏休みは混雑しますので、予約はお早めに。

ご予約・お問い合わせ | 河内川ふれあいビレッジオートキャンプ場【公式】

 

バーベキューセットは持ってるけど、

コンロ持込可能なバーベキュー場って意外と少ない。

その辺の河原でバーベキューって、中々良い場所も少ないですからね。

神奈川県西湘エリアのバーベキュースポットまとめ。予約不要&無料で野外BBQ。

DSC09326

今回はデイキャンプでの利用してきましたが、

次回は泊まりのオートキャンプとして、早速使わせて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました