小田原オススメのお花見スポット。桜祭りと桜の名所。

観光スポット

毎年、桜の開花シーズンになると、小田原では桜まつりが開催されます。

※参考→小田原 桜まつり

小田原市のいたるところで、花見ができるのも、小田原の素晴らしさ。

私が毎年訪れる桜の名所をご紹介。

小田原城址公園:約320本

小田原といえば、小田原城。

日本さくら名所100選にも選ばれたこともあり、

何処を見ても綺麗な場所ばかり。

 

お堀の前の桜並木。

DSC05996

赤い学橋(まなびばし)と桜と水のコラボ。絶景です。

DSC06003

二の丸広場にも大きな桜。

DSC05989

広場横にも桜並木。

DSC06053

小田原城歴史見聞館前の桜。

DSC06027

常盤木橋(ときわぎばし)と桜のコラボレーション。

DSC06055

銅門(あかがねもん)付近にも立派な桜。

DSC01153

馬出門(うまだしもん)側からの景色。

水面に着きそうなくらいに桜が伸びています。

DSC01189

城と言えば天守閣。

DSC00858

昼の桜も綺麗ですが、小田原城の桜は夜も綺麗。

3月下旬から4月上旬の桜の開花期間中は、ぼんぼり点灯によるライトアップ。

DSC06057

ライトアップされた桜は、また雰囲気が違う。幻想的。

DSC06097

小田原城のライトアップと相まって美しい。

DSC06081

小田原城は、いたるところに桜。

花見に限らず、観光地として有名なので、この時期は更に混み合います。

 

小田原城址公園には専用の有料駐車場も有り、

小田原駅周辺にも立体駐車場や、コインパーキングが多くありますが・・・

駐車場も大変混み合い、満車ばかりとなります。

車で行くなら、朝一番で。

 

小田原駅からのアクセスも良く、徒歩10分程度の徒歩圏内ですので、

可能なら、電車やバスを利用する事をオススメします。

 

小田原城山公園:約350本

小田原の花見情報を調べると、頻繁に出てくる小田原城山公園。

城址公園と城山公園と非常に似てますが、中身は別物。

桜の木も300本~350本ってなってますが・・・

どこにそんなにあるんだ?ってくらい、こじんまりとした花見スポットです。

DSC06128

城山公園内には、戦没者の慰霊碑もあります。城山公園=慰霊塔です。

DSC06114

地元民に愛されるスポットという事で、

観光地という雰囲気も無く、静かに花見も楽しめます。

DSC06116

奥川には、ケヤキの森。公園らしくベンチもボチボチ有ります。

DSC06122

城山公園は、海と白の見える丘という事で、海も綺麗に見えます。

DSC06120

小高い丘は晴れるだけで、素晴らしい景色。

DSC06129

城山方面の難点は、小田原駅からのアクセスが悪い事。

小田原西口から徒歩15分ってなってますが、急な坂だらけです。

城山公園付近にも、駐車スペースが有りますが、数台程度。

道も細い山道を走りますので。

DSC06133

車で行くなら、お隣の城山陸上競技場って方法も有ります。

城山陸上競技場

城山といえば、城山陸上競技場。

小田原市民なら、一度は訪れた事があるハズ。

こちらも、桜の木が大量に植わってます。

DSC06101

駐車場も無料で利用できるのも有り難い。

城山公園にも近いので、ここに停めて歩いて行く人も多いです。

DSC06098

駐車スペースも割と広く、約50台収納可能。

とはいえ、やはり花見シーズンは混み合います。

駐車場周りにも桜の木がいっぱい。これで無料は素晴らしい。

DSC06100

陸上競技場内の管理棟周辺の桜。

DSC06104 (2)

陸上トラック周辺にも立派な桜の木がたくさん。

見ながら運動できるという贅沢な空間。

DSC06106

競技場とは反対側のテニスコート周りにも、多くの桜の木が植わってます。

DSC06140

陸上競技場は山の中に有るので、駐車場から高台の絶景が見られます。

DSC06141

陸上競技場って、小田原市民だけでなく、

県西地域の住民なら割引料金でも利用可能となってます。

城山陸上競技場 | 利用料金

想像しているよりも、格安料金で利用できますので、気になる方は是非。

わんぱくランド:約300本

小田原市が誇る最大のレジャースポットといえば「わんぱくランド」。

子供の遊び場としても最高ですが、花見スポットとしても最高です。

「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」は、神奈川最高の子連れスポット!

 

桜の木が大量に有るのは、わんぱく大橋を抜けた先にある「サクラの丘」。

小田原城アドベンチャーの目の前です。

DSC06162

見渡す限り桜。満開の桜が満載です。

DSC06196

第2駐車場が近いです。少し登れば、すぐに桜が見えてきます。

DSC06152

あおぞら広場側からの眺め。

DSC06221

わんぱくランドは、桜の種類も豊富で、

ソメイヨシノ以外の桜も楽しめます。ヤエベニシダレサクラ。

DSC06208

こちらは、ヨウコウザクラ。

DSC06218

他にも、タイリョウザクラ、ヤマザクラ、オカメザクラなどなど、

色々な桜が楽しめるのも、わんぱくランドの素晴らしいところ。

 

サクラも点在しており、ちょっと歩けば、桜に当たるという。

DSC06242

ターザン広場のローラー滑り台のあたりにも桜が生い茂ってます。

DSC06237

なんといっても花見ついでに遊べるってのが、一番良い。

小さい子供と桜を楽しむなら、間違いない。華より遊具ですけど。

西海子小路の桜並木:51本

小田原城近くに有る、

情緒あふれる通りといえば西海子小路(さいかちこうじ)。

小田原文学館の通りです。

DSC05980

小田原城からも歩いて来れる距離。

周辺の建物も趣があるので、花見ついでに散歩しても楽しめるかと。

DSC05981 (2)

車で通るだけでも楽しい桜並木。

私は小田原城の桜を見た帰りに、わざわざ通って帰ります。

国立印刷局小田原工場:約500本

神奈川県最大級の桜地帯といえば、国立印刷局。

桜の木の本数は多いですが、あくまで印刷局。

観光地では無いので、一般の人がワイワイと花見をする場所では有りません。

DSC05957

工場敷地内に超大量の桜が有るのですが・・・

一般の人は「観桜会」でしか、中の桜を楽しむ事はできません。

毎年4月最初の土日にイベントが有り、一般開放されます。

独立行政法人 国立印刷局 – イベント情報

 

普段は中には入れないとはいえ、その周辺にも見事な桜が有る。

DSC05955

印刷局工場の入り口、印刷局の体育館前と研究所前の桜並木。

DSC05959

印刷局工場周辺の道路も桜並木だらけなので、ウロウロしているだけで楽しめます。

DSC05947

印刷局駐車場周りの桜並木。

DSC05950

印刷局が有る場所は、小田原の酒匂。

鴨宮駅南口から徒歩15分と、アクセスは良いとは言えないので、

私は、車でフラっと通って楽しむくらいです。

小田原フラワーガーデン前の桜並木(メモリアルロード):約80本

小田原フラワーガーデンの目の前にも桜並木が有ります。

諏訪の原公園手前の道路です。

DSC06272

その数、約80本と長めの桜のトンネルを楽しめます。

DSC06268

車で走るだけでも、十分楽しめます。

DSC06278

 

近くのお寺「総世寺(そうせいじ)」にも、桜の木が多々有りますので、

徒歩で散策される方は、ふらっと訪れても良いかもしれません。

DSC06285 (2)

普通の大きなお寺ですけど、

天然記念物にもなっている立派なカヤの木も有ります。

しらさぎ会館(下水処理場)横の桜並木:約60本

五百羅漢駅の方から、飯泉橋の方へ抜ける道。

こちらも立派な桜並木となってます。

IMG_2543

近くには扇町しらさぎ広場もあるので、子供遊びついでにフラット散策。

通るだけで楽しめる桜並木。

わざわざ行く場所ではないけど、通るだけでテンションは上がります。

ターンパイク箱根の桜トンネル:約1000本

箱根方面に向かうなら、アネスト岩田ターンパイク箱根が有名。

小田原から伊豆・箱根方面へ繋ぐ有料道路ですが、

この時期ドライブするなら最高。

箱根ターンパイク桜トンネル

 

夜にはライトアップも実施しているので、昼夜を問わず楽しめます。

※画像元→マツダ ターンパイク箱根 – 桜のトンネルまつり (2017年3月25日~4月9日 ※開花状況により延長あり)

2017年には、ターンパイクお花見バスも運行開始となりました。

箱根登山バスが「ターンパイクお花見バス」初運行へ スカイライト車両で桜のトンネル – 小田原箱根経済新聞

車に乗らない人でも楽しめるようになってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました