神奈川県小田原市のバーベキュー場「小田原市いこいの森」を攻略。

観光スポット

大自然に囲まれ、川遊びもできる。

都内からのアクセスも良好という事で、

神奈川でも人気のバーベキュー&キャンプ場「小田原市いこいの森」。

DSC03510

毎年利用させて頂いてますが、相変わらず素晴らしい場所です。

ほぼ手ぶらでBBQもできますので、その料金システムと注意点について。

手ぶらという事で、制約もありますので、初めての方の参考になれば幸いです。

いこいの森バーベキューの予約方法

いこいの森は年中やってますが、バーベキューができるのは春~秋のみ

バーベキュー場の予約は5日前までにする必要が有ります。

 

いこいの森の営業時間とBBQ場が利用可能な時期

  • いこいの森の営業時間:午前9時~午後5時
  • バーベキュー場:3月1日~11月30日
  • BBQ場の利用時間(昼):午前10時~午後3時まで
  • BBQ場の利用時間(夜):午後4時~午後7時30分まで ※7/21~8/30のみ

 

バーベキュー場の空き状況は公式ページで確認できます。

バーベキュー場|神奈川県小田原市バーベキュー・キャンプ・アウトドア「小田原市 いこいの森」

WEBからオンライン予約も可能ですが、初めての方は電話予約した方が良いです。

利用ルールや、不明な点も確認できますから。

 

ちなみに、私はオンライン予約したのですが・・・

受付メールは来なかったので、不安になって電話確認しました。

 

いこいの森バーベキューの料金システム。

いこいの森バーベキューでは、食材の持ち込み禁止なので、

食材セットのプランで申し込む事になります。

 

5人前の「バーベキューセット」が標準プラン。

少人数の場合や、家族のみの場合は、3人前の「ご家族セット」も有ります。

 

いこいの森バーベキュー料金

  • バーベキューセット5人前(牛肉):11000円
  • バーベキューセット5人前(ミックス):9500円
  • バーベキューセット5人前(豚肉):8000円
  • ご家族セット3人前:7500円

KS002568

バーベキュー場|神奈川県小田原市バーベキュー・キャンプ・アウトドア「小田原市 いこいの森」

 

バーベキューセットは5人前単位の予約となりますが、

食材は食材追加という形で、単品注文も可能です。

 

複数家族でやる場合は、5人前もしくは10人前(5人前×2)にして、

足らない分は、食材追加にて注文するというのが「いこいの森」システム。

BBQ食材以外の持ち込みは可能なので、

足らなければ、おにぎり、サンドウィッチ、お菓子等は持ってきて良い感じです。

また、バーベキューセット1個につき、BBQ場所が一ヵ所なので、

スペース的にも、大人5人くらいで1セットは必要になるかと。

 

いこいの森バーベキューの料金システム&ルール

  • 1BBQセットにつき、BBQ場コンロ1カ所使える。
  • 1カ所につき、5~10人くらいのスペース。
  • バーベキューセットは5人前単位でしか注文できない。
  • 個別に食材追加は可能。セット+食材追加で人数を調整。
  • 食材追加も事前予約が必要。
  • 調理用食材以外の食べ物は持込可能
  • ジュース、酒類等、飲み物も持込は自由
  • 万が一キャンセルする場合は、当日の朝8時40分までに連絡。
  • 駐車場はわんぱくらんど併用。駐車料金510円

 

車で行く場合、バーベキュー料金以外に、駐車場料金510円が必要です。

わんぱくらんど併用で、第2駐車場が一番近い駐車場になります。

「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」は、神奈川最高の子連れスポット!

 

急な予定や、病気等で万が一キャンセルする場合は、

当日の朝8時40分までに電話連絡すれば、キャンセル料不要でキャンセルは可能です。

 

いこいの森バーベキューに必要な物。基本的に手ぶらBBQ。

いこいの森では、バーベキューセットでの注文が必須となるので、

ほぼ手ぶらでバーベキューする事が可能です。

 

手ぶらといえど、飲み物は付いていないので、持って行った方が良いです。

ジュース、缶ビール、缶チューハイ売ってますが割高です。

紙コップやプラコップと一緒に持っていきましょう。

夏場はクーラーボックス必須。氷もあると最高です。

 

また、セットについている紙皿や箸は、セットの人数分しかありません。

子供用が居る場合、スプーンやフォークもあると便利。

セットでついてくる紙皿はペラペラなので、しっかりめの紙皿をオススメします。

割りばしや紙皿も売ってますが・・・やはり割高です。

 

食材以外の食べ物は持込可能なので、

おにぎり、サンドウィッチ等の主食が必要であれば。

子供が居るならお菓子なんかも必須かと。

私はそのまま食べれる冷凍枝豆を愛食しています。

生ものでも無く、バーベキュー食材でも無ければ、たぶんOKだと思います。

IMG_9665

アルミホイルなんかもあると調理の幅は広がるんだけど、食材は限られてますからね。

竹串でウインナーを刺すと、子供達は喜ぶ・・・ハズなんだ。

 

BBQセットに炭もついてますが、後半足りなくなる可能性はが有ります。

いこいの森では、1セットでビニール1袋分の炭です。

DSC03518

炭も売ってますが、2kg700円なので・・・

足らないと思うなら、車に積んでおくと安心です。

IMG_9667

私はバーベキューの際は、着火剤や、火おこし機も持っていきましたが、

いこいの森では簡単に火おこしできるので、要らないと思います。

 

いこいの森BBQ。当日の流れとBBQ準備。

いこいの森の管理棟。

バーベキュー食材を受け取れるのは午前10時からですが、

午前9時くらいには受付も可能でした。お金もこちらで払います。

DSC03508

 

早く行ってもバーベキュー食材は貰えませんが、

バーベキュー場スペースは使わせて頂けます

荷物を置いたり、準備したり、周りの広場で遊んだりすることも可能です。

DSC03514

 

受付すると、バーベキュー場の案内MAP兼うちわを貰えます。

食材を貰う場所、ゴミ捨て場、バーベキュー場・・・

準備はオレンジ色、片付けは青色と非常に分かりやすい。

IMG_9805

 

食材お渡し所で、BBQ食材を受け取る。

DSC03507

BBQ場の領収書を見せると、生ものも冷蔵庫から出してくれます。

野菜・ザル等は、名前とともに置いてあります。

DSC03516

 

炭と網、鉄板の受け取り場所。

火起こし用の新聞紙とマッチも一緒に置いて有ります。

IMG_9676

 

炊事場には、まな板や包丁が有り、水も使えます。

DSC03744

野菜を洗ったり、野菜を切ったりは、炊事場でします。

 

炭用の火ばさみや、片づけ用具は、

バーベキュー場からすぐ近く、川を挟んだ向かい側に有ります。

DSC03577

 

必要な物を集めたら、早速火おこし。

ガイドMAPのうちわに、火おこしの方法まで丁寧に書いてあります。

IMG_9806

 

とはいえ、私が行った時は、

既に火が付きやすいように、枯れ木&枯れ葉もセットされていました。

DSC03519

炭を置いて、新聞紙にマッチで火をつけるだけ、

火おこし初心者でも大丈夫。難なく火もついてくれました。

 

あとはBBQを楽しみながら、酔っぱらうだけー。

DSC03573

子供はバーベキューどころでは無く、自然の中へ消えていくんだな。

 

いこいの森BBQの片づけ

BBQが終わったら、道具を返却します。

まな板・包丁・ザル・トング・マッチ・・・食材を受け取った場所へ返却。

DSC03506

 

生ゴミ・燃えるゴミは持ってきたゴミ袋にいれて。

ビン・カン・ペットボトルは分別。

焼きそばプレート・網も別途専用の捨てる箱あります。

DSC03505

 

炭は集めて炭捨て場へ。炭って自然に帰らないのね。

DSC03608

バーベキュー場が使えるのは午後3時まで

片づけてしまえば、午後3時過ぎても好き放題遊べます。

 

いこいの森バーベキューの注意点。

バーベキュー場により、BBQルールは様々。

いこいの森にも独自のルールがあります。

以下、私が勝手に思った注意点です。

 

バーベキューセット注文が必須。食材の持込は不可能。

いこいの森では、食材の持ち込みが不可能なので、

バーベキューセットを予約が必須となります。

 

しかしながら、バーベキューセットは、5人前単位でしか予約できない。

6人、7人でバーベキューをやる場合や、

子供が多い場合とか、何人前で注文するか?非常に悩みます。

 

一番安い豚肉セットの場合、8000円÷5人=1人あたり1600円

場所台含めて1600円なら非常に格安ですが、

5人ぴったりでバーベキューをやる可能性は低い。

 

そういった場合は、食材追加で量を調整するか、

家族セットの3人前7500円を使うことになります。

7500円÷3人=1人あたり2500円

 

実際、バーベキューセットは食材の量というよりも、場所代というイメージ。

BBQ1セットで借りられる場所は、BBQコンロ1か所という事。

大人5人のスペースを超えるようなら、1セット追加した方が良い。

特に夏場は混みあいますので、スペースには余裕が有った方が気を遣わなくて良い。

 

閑散期で空いていれば、

隣のBBQスペースに、荷物を置いたり、座ったりする事は可能です。

 

例えば、2人家族(大人4人、子供4~5人)でバーベキューした実例。

バーベキューセット5人前頼んで、適当に食材を追加してみました。

5人前8000円+焼きそば3食(300円)追加+豚肉200g(600円)追加。

合計8900円で済みました。

IMG_9701

空いていたので、場所は広く使わせて頂きましたが・・・

本来なら2セット頼んでも良かったのかな。

 

追加食材は、やや高めなので・・・

大人が多い場合はセット追加した方が、場所も広くなって良いです。

大人6人子供6人でやった時は、バーベキューセット10人前でやりました。

場所代と割り切れば、セット料金は高くないさ。

 

ちなみに、バーベキューセットの違いですが、

牛セット11000円、ミックス9500円、豚セット8000円と値段は違いますが、

肉の量は変わらず、肉以外のセット内容は全く一緒です。

バーベキューセット5人前の内容

5人1セット食材(肉800g季節の野菜6品ウィンナー10本さつま揚げ焼きそば3食、タレ)
用具(網、アルミプレート、まな板、包丁、箸、皿、炭)

5人セットで焼きそば3人前、肉は800gです。

足らないと思うなら、追加注文しておきましょう。

 

割高価格ですが、特別美味しい肉というわけでも無い。

私は毎度、一番格安な豚セットでお願いしてます。

牛よりも豚派。安い牛なら、安い豚の方が美味しいと思ってます。

※あくまで個人の感想です。

 

網と鉄板は使い捨て。100均で売っているやつ。

昔は、ちゃんとした鉄板と網が有ったんですが・・・

いつの間にか、使い捨ての網、使い捨ての鉄板となってしまいました。

時代の流れなんでしょうか・・・ちょっと残念。

 

鉄板ではなく、100円均一ショップで売ってる焼きそばプレート・・・

厚めのアルミホイルみたいな感じ。

IMG_9680

バーベキュー1セットにつき、網1個&焼きそばプレート1個です。

 

プレート薄いので、火加減は難しい。

焦げ付いたらアウトです。繰り返し利用も無理だと思った方が良い。

DSC03175 (2)

あくまで、焼きそば用として、最後の方に使うのが無難でしょうか。

 

重い鉄板を持ってくる必要も無く、洗う必要も無いので、

片付けは簡単で、お手軽なんですが・・・

その分、美味しく焼くっていう難易度は上がります。

かといって、バーベキュー器具の持ち込みもNGです。

まぁ、仕方ないですね。

 

駐車場が混みがち。大人気わんぱくらんどの駐車場。

いこいの森へ車で行く場合、駐車場はわんぱくらんどと共用になります。

わんぱくランド第2駐車場に止めるのが、一番アクセスが良いです。

「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」は、神奈川最高の子連れスポット!

駐車場から、いこいの森へ繋がる歩道橋があります。

DSC03491

 

わんぱくらんどの駐車場は、休日は午前10時過ぎると一気に混むという事。

いこいの森でバーベキューは10時から。できれば9時半には到着していたい。

 

バーベキュー食材は10時頃にならないと受け取れませんが、

管理棟での受付は、早く行ってもできます

バーベキュー始まる前に、荷物を置いて、いこいの森で遊ぶ事も可能です。

 

ちなみに、わんぱくらんどの駐車場は8時から入れるので、

早く着く分には、全然問題無いです。

いこいの森は自由に入れるし、

わんぱくらんどへの入園も自由、いつでも遊べるから。

 

いこいの森は大自然の中に有るという事。

いこいの森は大自然の中で、バーベキューができる。

食材ついて、5人で8000円~は非常に格安。

バーベキュー場の場所も素晴らしいです。

 

屋根も有り、川も近いので、夏場でも涼しい。

DSC03610

 

バーベキュー場横には浅めの川が流れており、小さい子供の水遊びも安心。

食べてる場合でもなく、ひたすら遊んでくれます。

DSC03151

夏場はマスのつかみ取りも頻繁にやってます。

 

1セット1コンロだけど、バーベキュースペースは広め。ベンチも多い。

DSC03609

自然の中過ぎて、ごく稀にサルが出る可能性があるらしい。

カラスも食材を狙ってくるみたい。

実際のところ、カラスもサルも見かけた事は有りませんけど。

 

大自然の中のバーベキュー場。マイナスイオン出まくりです。

DSC03618

バーベキュー場の横には、大きな広場も有る。

DSC03617

ちょっと奥に入れば、様々な遊具も出てきます。

DSC03614

山道にロープがあるだけで立派な遊具。

DSC03615

なかなか恐ろしい遊具。大人がやっても楽しいくらいビビります。

DSC03616

 

いこいの森は、見渡す限りの大自然。

自然が最高の遊び場です。

子供って、自然が有るだけで、勝手に遊んでくれるから。

 

隣には、神奈川でも有名なお遊びスポット「わんぱくらんど」もあるので・・・

「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」は、神奈川最高の子連れスポット!

 

早めにバーベキュー切り上げて、駐車場に片付けがてら、

遊びに行っても良いと思います。

「いこいの森」も「わんぱくらんど」も無料で遊べますから。

 

P.S.

小田原のバーベキュー場は、峰自然園もオススメ。

鉄板も使えるし、食材持込みも可能です。

神奈川県小田原市「峯自然園」でバーベキュー。

 

テントや、バーベキューセットを持っているなら、

自然の中でBBQするのも良いかと。小田原なら可能ですから。

神奈川県西湘エリアのバーベキュースポットまとめ。予約不要&無料で野外BBQ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました